100歳以上の元気な人に少ない病気は糖尿病

なんでも100歳以上の人に少ないのは、糖尿病だといいます。

 

つまり、糖尿病になると、長生きできないということだと思います。

 

糖尿病になると寿命が10年は縮むらしいです。

 

糖尿病の一番の原因は、カロリー摂取とインシュリンですから、このへんからも、カロリーを3割カットすることで、

 

サーチュイン遺伝子が働き、若返りできるということに関係死そうな気がします。

インシュリンと糖尿病の話ですが・・・

 

インシュリンを出すための準備をする、穏やかにインシュリンを出すような食事をとるというのが重要で、

 

インシュリンを突然多く出させるような食生活を繰り返していると・・・

 

膵臓のインシュリンを出す細胞が疲弊してしまい、糖尿病になる可能性がたかまるようです。

 

たとえば、朝食を抜いて、昼食で空腹時にどかっと食べると、一挙に血糖値が上がるため、いきなりインシュリンを大量に出すことになります。

 

ちょぅしょくを食べておけば、りすでに朝の段階で、準備がでてきいることになります。

 

また血糖値がすぐに上昇するようなたべものではなく、穏やかに上昇するような食べ物をとること。

 

時間をかけて食べることで、インシュリンを一挙に増加させるようなことかせなく、長く膵臓を疲弊させないように暮らして行けることになります。

 

このように単にカロリーだけでなく、食事の食べ方、血糖値の上昇が穏やかな食物や食べ合わせがり老化対策につながるとおもわれます。