二重まぶたにする方法の色々

多くの女性があこがれているのが、ぱっちりした二重まぶたの目ですよね。二重まぶたにする方法は、実はたくさんあったりします。

 

一番コストがかからないのは、自力で二重にする方法ですが・・・

 

それでもなんのグッズもなしにというのは、困難かもしれません。そこで考えたいのが、二重にする化粧品です。

 

二重にする化粧品にも2種類の方法があります。それは、アイプチなど、糊付けしたり、テープで接着したりして、

 

一時的に二重にする方法と・・・

 

日常的に二重のラインを癖付けして、二重にしてしまおうという方法です。

 

この場合、その人の瞼の状態にもよると思いますが、二重まぶたを強制的に、機械的な癖付けで作ろうとする、

 

二重まぶた形成器というものも登場しています。

 

こういった方法で二重まぶたにできれば、それに越したことはありませんが・・・

 

できたとしても、何年も時間がかかるかもしれませんし・・・

まぶた自体に脂肪がたっぷりのっていたりして、とても自力では二重にできないという場合もあるとでしょう。

 

最終的に行き着くのは、やはり美容整形ですね。二重整形には、大きく分けると2つの方法があります。

 

プチ整形といえる、埋没法がその1つです。

 

これは、二重のラインを作りたいところを糸で縫うという方法です。

 

短時間で手術が済みますし、跡の腫れも少ないようです。

 

気に入らない場合の修正も比較的簡単なようで、リスクも少ないようです。

 

但し、難点もあります。1年ぐらいると、もとに戻ってしまうというのです。

 

切開して縫い合わせる切開法は、半永久的に持ちますが、もとに戻ってしまう、埋没法は、またやらなければならないと考えると

 

1回の手術費が安くとも、長期でみるとコストがかかるということになります。

 

ただし、2年以内に取れてしまったら無料でもう一度やるなどの保証を付けているところもあります。

 

また何点で止めるかによっても、もちが違います。2点止めで両目で10万円ぐらいでできるので、案外きがるにできるのではないかと思います。

 

それでも、手軽でリスクの少ない、埋没法が今は人気のようです。