健康と美容一石二鳥の保険

女性特有の疾病というとなにが浮かぶでしょうか?女性ならではのがんではないでしょうか?

 

 

例えば、多くの人が発症するようになった、乳ガン、乳ガンになれば、治療費や入院費用は当然大きな負担になります。

 

 

ただ、それらは、いっぱんの医療保険菜、がん保険に加入していれば殆どカバーができるでしょう。

 

しかし、治療費や入院費用以上に必要になる費用も実はあります。

 

放射線治療で抜け落ちてしまった髪の毛をカバーするためのかつら、乳房を切除してしまったさいの、乳房再建のための美容整形手術・・・。

さらにお子さんがいるばあい、託児施設に預ける場合などが生じる保育費用など・・・

 

とくにシングルマザーだったらこれらの方が大きな負担になることがあります。

 

せっかく治療が済んだのに、乳房の切除で、たのしい人生がおくりない、しかし、美容整形するだけの費用がない・・・となったのでは悲しいですね。

 

今、そんな女性専用のリスクに備える保険が女性がん保険として登場しています。保険に入るのも毎月費用がかかることで躊躇しますが・・・

 

若いときに入ってしまえば、月の負担は少ないので、かけ捨てていい思うので、検討してみる価値は充分に有るのではないかと思います。