冷蔵庫の電気代節約

電気代の節約で、かなり素人とプロの差が出るのが、冷蔵庫です。冷蔵庫なんてどこに節約術の要素があるのか、と思う方は多いでしょう。

しかし、実はこの冷蔵庫こそが、電気代節約術の鍵を握るところなのです。

まず、冷蔵庫には基本的に満杯になるまで物を詰めることはすべきではありません。
そうする事で、庫内の空気の循環が悪化し、電気を消費する量が増えてしまうのです。

一年間ずっと満杯のままでいるのと、ある程度ゆとりを持たせているのとでは、年間で6,000円以上の差が出ます。これはかなり大きな額ではないでしょうか。

とはいえ、スーパーで安売りしていた野菜を大量に買い込むというのは、主婦の方にとっては節約術の一つと言えますよね。

こういった場合は、大根やにんじんなど、比較的冷蔵庫に入れておかなくても長持ちする野菜を、日の当たらない場所に保管するという手があります。

また、冷蔵庫の節約術に関しては他にもまだまだあります。冷蔵庫には温度設定がある事をご存知でしょうか?

この温度設定を「弱」などの弱い方に設定する事で、ある程度の電気代が節約できます。

冷蔵庫の温度は、たとえ高めに設定したところで、消費期限より早く物が腐るなどという事はありません。真夏で無ければできるだけ弱めに設定しておく事をお勧めします。

もっと基本的なところとしては、冷蔵庫の開け閉めそのものが電気を消費する要素となるので、できるだけ開閉を少なくする事で、電気代の節約となります。

お子さんがいる家庭では、お子さんに冷蔵庫を開けっ放しにしない事、頻繁に開けない事を教えておく事で、節約が可能となります。