ガス代節約

ガス代は、意外と馬鹿にならない金額を消費します。全く自炊しない一人暮らしであれば、縁のないものかもしれませんが、毎日料理する一般家庭では、ガスを使用する機会は多いでしょう。

ガスの使用自体、節約術の一種と言えます。外食するより自炊する方が安くつきますし、飲み物にしても、缶やペットボトルの商品を買うより、袋詰めティーバッグを買って煮出しする方が圧倒的に安上がりです。いずれも、ガスを使用します。

ただ、せっかく節約術としてガスを使っても、ガスの使い方自体に隙があれば、節約術とはいえないでしょう。

そこで、ここではガス代の節約術についていくつかご紹介しましょう。

まず、基本としてガスはできる限り中火で使用する事が大事です。例えば、お湯を沸かす場合、強火、弱火で沸かすよりも中火で沸かす方が安上がりなのです。

もちろん、料理によっては弱火を使ったり強火を使ったりしなければならない場合があるので、すべて中火でというわけには行きませんが、コーヒーを飲みたいという場合などには、中火でお湯を沸かすように心がけましょう。

特に、毎日麦茶を煮出ししたりコーヒーを沸かしたりする人は、強火を中火にするだけで中々の節約になります。

また、使う鍋ややかんはできるかぎり底の大きなものが好ましいでしょう。当然、その方が温まるスピードは速くなります。

コンパクトサイズの方が収納に良いと、小さめのものを用意する人が最近は多いようですが、底が広いほうが節約術には向いています。