電球型蛍光灯で節約

電気代を節約する節約術では、照明に関しても考慮すべき点が多々あります。
比較的電気を食う量が少ないと思われがちな照明ですが、この照明をどうするかで結構な額を節約できたりします。

まず、基本的なところとしては、使わない部屋の電気は消す。これだけで年間数百円の節約にはなります。

そして、次に電球のワット数です。照明器具には指定のワット数がありますが、それ以上だと問題があるものの、それ以下であれば問題なく使用できます。

照明の明度を若干落とす事で、節約ができるのです。
部屋によっては、あまり明るすぎるよりは少し明度が落ちた方が落ち着く事もできるでしょう。

照明に関する一番の節約術は、蛍光灯の種類を電球型に買える、というものです。白熱電球は、電球型蛍光灯と比較し、同じ明るさでも年間2,000円弱高くつきます。

これを取り替えるだけで、かなりの節約が可能です。最近は電球型蛍光灯でもお洒落なもの、暖かい色合いの物が出ているので、節約術ついでに取り替えてみてはいかがでしょう。

照明に関しては、あまりそう多くの節約術を活用できるようなポイントはないかもしれませんが、照明ほど簡単な節約ができるものもありません。

蛍光灯の種類は、一度取り替えるだけの手間ですし、明るさに関しても、むしろ快適な生活の調整にもなります。

特に、トイレやお風呂は、無駄に明るすぎても落ち着かないだけで、しかも電気代まで高くついているという家庭が多いようです。
確実に改善しておきたいところですね。