ピンチの時がチャンスの資産運用

100年に一度の金融危機ということでとりだたされています。

沢山の投資かが、大きな損失や含み損をかかえて、新たな投資ができなくなっていて、株価も大きく下げました。

日本もかなり景気後退煮は言っていて、大きな影響を受けています。

しかしここ数ヶ月、日本国内では、どんどん証券会社の新規口座が増えていて、国内の個人投資家の、株式は圧倒的な買い越しとなっています。

下げているのは、これまで6割りを締めていた海外の投資家が売り続けているからということです。

ここぞというチャンスとみて、にわかにここまで投資をしていなかって人たちが、資産運用を始めたといっていいでしょう。

たしかに長期てきにみれば、ここまで下がっていますので、下げる金額よりも、将来の上げる金額の幅の方がずっと大きいと考えられますので、、資産運用のチャンスであることは間違いないかもしれません。

数年後あそこで買っておけば・・・というのが今来ているともいえます。

少し前、団塊世代向けの投資信託セミナーが活況でしたが、そのご急激な下げで、投資信託の売り上げも極端に落ち込んだようです。

あのころ購入した、団塊世代は、かなり含み損をかかえているでしょう・・

ただいままだ、株式投資などの、セミナーがかなり活況とのことで、ここから新規に投資する人にとっては、よい環境にあると考えられます。