脱サラと起業

内定取り消しが沢山でました。

新規の採用がかなり絞られていて、就職が難しくなっています。

今の日本の現状では、新卒で就職できないと・・・そのまま派遣社員として、ずっといってしまうことがけっこうああるのでとても心配になると思います。

派遣社員、契約社員に一度なってしまうと、正社員にしてもらうのはとても困難です。

いつ契約解除になるかもしれません。

正社員になっても、けして安心はできず、いつリストラされるのかわかりません。

米国の効率化をもとめた企業側の論理で終身雇用が崩れてしまった日本では、悪い面ばかりが目だっています。

自分の能力を生かして、転職してキャリアアップするという利点はそこには失われていて、少しでも環境が悪化すれば。どんどんリストラするという雇用環境になってしまいました。

このような日本社会ですから、どっちにしろいつも不安をかかえるのだったら、起業してしまえばいいのではないかという気になります。

実際、日本人の「>独立開業」に対する意識は、もはや米国人よりもつよいということらしいですから、おどろきです。

独立開業は、色々な不安はありますが、もはや、正社員とて、同じような環境ですから、それなら自身の努力でなんとかなるという点から、独立を考えた方が、いいのかもしれません。

ただし、闇雲な起業ではなんのいみもありませんので、しっかりとした独立開業プランをたてなければなりません。